治療について

治療は、最新鋭の高精度放射線治療装置「ノバリス-Tx」を使用して、先端治療を行います。
手術ではなく、高精度放射線治療によって、痛みのない、副作用が最小限の治療をして、治療効果を高めます。
高精度放射線治療は、照射する各方向の放射線の量を変化させて、放射線の強さに強弱をつけることで、がん細胞に強いダメージを与えます。

高精度な正確さで患部に放射線を集中させるために、治療をスタートする前に、画像診断をするための

断層撮影(CTやMRI)を行います。
それらの情報をもとに放射線腫瘍医、医学物理士、放射線治療技師、認定看護師、がんリハビリテーション指導者、医事スタッフによるチームで、患者の皆様に相応しい治療計画が作成され、検証・確認作業のうえ、

治療が始まります。


治療による身体への負担が少ないので、複数回の外来通院をしていただきながらの治療が進められます。
 

初期の段階や初めてのがん治療から、再発・転移治療にも適切な治療が適用できるだけでなく、病状を改善に導く痛みの緩和にも有効です。
 

※放射線治療についての詳細はこちらから↓

 

〔図1〕サンプルテキストサンプルテキスト

〔図2〕サンプルテキストサンプルテキスト

脳定位放射線治療

(SRS : Stereotactic Radio Surgery,  SRT : Stereotactic Radio Therapy) 

 

誤差1mm以下の高い精度で、病変の形状に一致させて放射線を集中して照射する治療方法です。X線を3次元的に色々な方向から照射することにより、周囲の正常組織に対する被ばくを極力抑えることができます。これにより、正常脳組織への障害を押さえながら病変そのものを充分に治療することが可能になりました。治療は病変の種類、部位、症状によって大線量一回照射もしくは数回~数十回の分割照射で行います。非侵襲的で痛みなどの苦痛を伴わず、入院期間も短くて済みます。状態に特に問題なければ外来で行うこともできます。また、手術が困難な部位に存在する病変に対しても治療が可能です。

対象疾患

原発性脳腫瘍(悪性、良性)や転移性脳腫瘍などで、基本的には病変の数が少なくサイズが比較的小さいものを対象としています。1回照射では、病変のサイズは直径2 cm 程度まで、病変の数は3つまで、というのが一般的な目安ですが、近年では、複数個の病変を一度に定位的に(位置精度高く)照射することも可能となってきました。また、分割照射を行うことによって、さらに大きな病変や視神経等の重要な正常組織が近接する病変の治療も可能となります。

治療の流れ
治療の準備

頭部を固定し毎回の治療で病変位置を再現するための固定具の作成と治療計画用のCTとMRIの2種類の画像検査を行います。京都大学では、画像誘導放射線治療専用機であるTrueBeam STx、Vero4DRTを用いることにより、苦痛のあるピン固定は必要なく、痛みのないマスク固定法でピン固定とほぼ同等の高精度の治療が可能となっています。

体幹部定位放射線治療

(SBRT : Stereotactic Body Radiotherapy) 

 

頭部以外の病変に対する定位放射線治療のことを特に体幹部定位放射線治療(Stereotactic Body Radiation Therapy; SBRT)と呼びます。

下記の疾患を対象としています。

  1. 原発性肺癌(直径が 5 cm以内で,かつ転移のないもの)

  2. 転移性肺癌(直径が 5 cm以内で,かつ 3 個以内で,かつ他病巣のないもの)

  3. 原発性肝癌(直径が 5 cm以内で,かつ転移のないもの)

  4. 転移性肝癌(直径が 5 cm以内で,かつ 3 個以内で,かつ他病巣のないもの)

治療をうけられる条件として、病変部位が正常臓器に近接していないこと、活動性の間質性肺炎を有しないこと、腕を上げた状態で30分以上の安静保持が可能であることなどがあります。定位放射線治療が適しているかどうかは、診察した上で判断します。

治療準備

治療実施に先立ち下記のような準備を行います。

固定具作成

毎回の治療で病変位置を正確に再現するために各患者さん専用の固定具を作成します。固定具と言ってもピンやベルトで固定するわけではなく、体を広く包み込むようなクッションのような物です。固定具と体の位置関係を再現するために、皮膚面にはマーキングを行います。

強度変調放射線治療

(IMRT : Intensity Modulated Radiotherapy) 

 

ターゲット(腫瘍)の形状が不整形で複雑な場合、従来法の放射線照射法では腫瘍周囲の正常組織や臓器にも腫瘍と同じ線量が照射されてしまい、腫瘍制御率を高率に維持しながら合併症を低く抑えることが困難でした。強度変調放射線治療(IMRT)は、コンピュータの助けを借りて腫瘍のみに放射線を集中して照射できる革新的な照射技術です。これにより合併症を軽減しながら根治性を高めるといった従来では実現不可能であった放射線治療が展開できるようになりました。

画像誘導放射線治療

(IGRT : Image-Guided Radiotherapy) 

 

放射線治療では、放射線を正確に腫瘍へ照射することが非常に重要です。しかし、放射線は目には見えないこと、腫瘍が体内にあるため外部から確認することができないことから従来はその確認が困難であり、治療計画時と実際の治療時との位置のずれを考慮してある程度の安全領域をつけて照射する必要がありました。

現在は、技術革新に伴い画像誘導放射線治療(IGRT)という新しい技術が急速に普及しつつあります。これは、照射の直前や照射中に得られる患者さんの画像情報(X線画像等)を基に日々の放射線治療時の位置誤差を補正しながら正確に治療する技術です。これにより、より小さな照射野(放射線を照射する範囲)で治療でき、副作用を抑えることが期待されます。

IGRTには様々な方法がありますが、当院では、放射線治療機や放射線治療室に搭載されたX線透視で骨や体内に留置した小さな金属マーカー等の位置を確認する方法、赤外線カメラで体表のマーカーの位置を確認する方法、放射線治療機にCTを併設し(コーンビームCT)、治療直前の腫瘍等の位置をCTによって確認する方法が採用しています。これらにより得られた画像情報から位置のずれ量を求めて位置を修正するので、高精度な治療が可能となります

接線照射法 

 

ターゲット(腫瘍)の形状が不整形で複雑な場合、従来法の放射線照射法では腫瘍周囲の正常組織や臓器にも腫瘍と同じ線量が照射されてしまい、腫瘍制御率を高率に維持しながら合併症を低く抑えることが困難でした。強度変調放射線治療(IMRT)は、コンピュータの助けを借りて腫瘍のみに放射線を集中して照射できる革新的な照射技術です。これにより合併症を軽減しながら根治性を高めるといった従来では実現不可能であった放射線治療が展開できるようになりました。